自己処理とサロン脱毛の違いを比べてみよう

剃るメリットと効果
脱毛には様々な方法が考えられますが、コストがかからず、自宅で気軽にできるのが自己処理です。中でも、基本の方法として挙げられるのが、カミソリや電気シェーバーで剃る方法です。比較的短時間で広範囲を処理できますが、効果の持続性が低く、直ぐに生えてきてしまうため、何度となく繰り返さなければなりません。そのうえ、皮膚表面にある角質層まで削ってしまうケースが圧倒的に多く、皮膚が傷つき、ゴワゴワになる虞があります。また、見た目としても、カミソリで切断した毛の断面が見えるので、黒いぶつぶつが気になったり、毛が太くなったように見えることがあります。
抜くメリットと効果
カミソリではぶつぶつが残るからと、選択される自己処理方法が毛抜きや家庭用脱毛器を使ってムダ毛を抜く方法です。毛根から引き抜くため、かなり痛みを伴いますが、剃る方法よりは、毛の再生が遅くなり、次の処理までの期間を延ばすことが可能です。もっとも、1本1本処理する必要があるので、非常に時間がかかり、全て行うのを断念するケースが少なくありません。また、繰り返し行うことで毛が太く硬くなってしまったり、刺激がいため、毛包に炎症や化膿のリスクも伴います。
除毛クリームのメリットと効果
自己処理としてはソフトであり、手軽で効果も期待できるのが、市販の除毛剤やブリーチ剤を使って脱色する方法です。比較的短時間で広範囲のムダ毛が目立たなくなり、剃る、抜くのと比べて痛みはありません。ただし、薬剤が皮膚に刺激を与えるため、肌トラブルを起こす方もいます。薬剤を使う場合は肌に合うかどうかを確認してから用い、使用後は、肌に残らないようしっかり洗い流すようにしましょう。効果は一時的であり、1週間から2週間に一度は処理しなければなりません。
サロン脱毛のメリットと効果
これに対して、サロンで行う脱毛はプロが行ってくれるので、肌ケアや肌トラブル防止の措置を行ってくれ、効果の持続性も高くなります。もっとも、永久脱毛と呼ばれる方法ほど、料金は高く、施術には時間もかかります。